ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

社長ブログ

最新エントリー

熊野街道ウォーク(5)御坊→岩代 31㎞

台風一過の暑いくらいの好天、台風に吹き込む北風が南に向かう背中を押してくれるコンディションでした。

4回目がたくさんのきつい峠越えを重ねたのに対し、今回は低い峠を越えると一面海の眺望が開けます。

特にきょうのゴール地点、岩代駅裏の海岸は広々とした水平線が見渡せる絶景でした。

田辺まで行きたかったのですが、、、、2週間前の疲れがまだ残っているのかもしれません。

帰りの電車賃は特急券合わせて、¥4,500.交通費以外、札はほとんど使わないとはいえ、だんだん贅沢な遊びになってきました。

201011kumano.jpg

同時に、山形まるごとハーフマラソン大会にオンライン参加で申し込んでいたので、それの掛け持ちもしました。ハーフとはいえ、着替えや食料を背負っての成績は惨憺たるものでした。

201011kumano2.PNG

熊野街道ウォーク(4)はこちら

ひとりごと コロナワクチンについて

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

ついにトランプ氏もコロナに感染して、コロナにも効くだろうと言われている、エボラ出血熱の薬、レムデシビルを打ったそうです。現在日本政府も海外の製薬会社から開発が終了したら優先的にワクチンを分けてもらえる契約を(相当な金を積んで)結んでいます。国が費用を全額負担して国民には無償で打ってもらえる様にするということです。しかし、あれだけ感染が拡大しているアメリカでも、世論調査では打つ人打たない人が半々だとの結果が出ているそうです。通常10年単位で行う臨床試験を簡素に済ませるわけですから、安全性を疑う気持ちもわかります。

さああなたは打つ?打たない? 決めるのは自分です。正しい情報を取って自分で決めるのです。

私は、今のところ打たない派です。でも打たない人は日頃から自分自身の免疫力を高めて感染しても発病しない体を作ってください。なにもせずに、打たないは虫が良すぎるというものです。

熊野街道ウォーク(4)海南→御坊 44㎞

現在JR紀勢線や国道43号線は山を迂回して海岸寄りを通っているのですが、昔の人は山があろうが直線距離を選んだようで、今日のコースでは5つもの峠越えがありました。

最初の藤代峠からは熊野路第一美景、和歌の浦のが見れるとのことでしたが、石油化学コンビナートが鎮座しており、がっかり。

それぞれの山には上の方まで一面のミカン畑。かつてゴルフ場で使っていたような収穫物を運ぶカートのための細いレールが畑のあちらこちらに走っています。

最後の鹿ケ瀬峠は、田辺までの紀伊路最大の難所といわれるだけあって、なかなかのものでした。

御坊からの帰りは、特急パンダくろしおに乗ることができました。

あと1回で、田辺までいくことができるかな。

200927kumano1.jpg

200927kumano2.jpg

熊野街道ラン(3)はこちら

熊野街道ウォーク(5)はこちら

ひとりごと 菅新首相のあいさつによせて

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

先週、菅さんが新たな首相に任命され、16日21時から30分間行われた会見をテレビで見ました。安倍さんの政策を引き継ぐとしながらも、規制緩和とデジタル化に重点を置く姿勢が見て取れました。しかし、多くの規制には既得権益を持っている人たちがたくさんいます。また、デジタル化を進めていくには、情報漏洩やプライバシー保護の問題が重なります。総論賛成でも、各論になると重箱の隅をつつき反対に回るのが世論の名を借りたマスコミです。菅さんはじめ閣僚の方々にはぜひ頑張って、改革を前に進めてもらいたいものだと思っています。

また、大きなテーマとして、「自助、共助、公助」を上げ、まず自分で自分の身を守る、さらに周りの人が守る、最後に国が守るという、話をなさいました。かつてアメリカのケネディー大統領は就任演説で、「あなたの国があなたのために何ができるかを問うのではなく、あなたがあなたの国のために何ができるのかを問うてほしい」と述べました。菅首相の話もそれに通じるもので、もっともなことだと思います。しかしNHKニュースはその直後に、菅内閣に要望することは何ですかという市民へのインタビューを放送しました。国民を甘やかしているのは程度の低いマスコミです。馬鹿じゃないか、受診料返せと言いたい一瞬でした。

熊野街道ラン(3) 和泉砂川→海南 37㎞

先週に引き続き、3回目です。

今日はいよいよ紀伊の国、和歌山に入ります。

私は、和泉と紀伊(=大阪府と和歌山県)の国境は山の尾根筋だと思っていましたが、和泉山地の中にある小さな川、その名も「境川」が境でした。

和歌山はさすがに農業と観光立県だけあって、道標や王子をしっかり整備してくれています。ただ、王子の位置も諸説あるそうで、何でこんなにジグザクに遠回りしなきゃならないのかと、ひとりぶつぶつ言いながら巡ります。紀ノ川沿いは、たび重なる氾濫で道も王子も変えられてきたと聞くとしぶしぶ納得します。

色づいてこうべを垂れた稲穂、真っ赤に咲いたヒガンバナ、まだ実が緑のミカン畑。

涼しくなった初秋の里山を楽しんできました。

200920kumano1.JPG

200920kumano2.JPG

熊野街道ラン(2)はこちら

熊野街道ウォーク(4)はこちら

熊野街道ラン(2) 鳳→和泉砂川 30.8㎞

降雨確率80%の予報でしたが20%の晴れを期待して、初電で前回のゴール地点に行きます。朝6時過ぎに堺市の鳳駅をスタート。日頃の善行が報いられたのか(?)、雨にはほとんどあわず、また涼しい絶好のコンディションのもと、ラン&ジョグでJR阪和線に沿って、和歌山に向かって足を進めます。大阪府北部の摂津の国に住む者にとって南部の和泉の国の市の並びはいつまでたっても覚えられません。今回のルートは、堺市―高石市―和泉市―岸和田市―貝塚市―泉佐野市―泉南市でしたが、この地域には多くの町に、「だんじり」があります。下の写真はだんじりを納めて置く倉庫です。このほかにも数えきれないほどたくさん倉庫があるのだと思います。上の写真で中央下段のは、だんじりの上の段を飾り付けるために、人が乗る足場だと思います。

200913kumano1.jpg

熊野街道の旅は王子をたどる旅だともいわれます。王子とは、熊野権現(ごんげ)の化身として巡礼者を守護する御子神を祀った社で、元々は99カ所もあったそうです。現在は神社になっていたり、石碑だけが残っていたり、石碑すらないものと様々です。ガイドブックを見ながらたどるのですが、道を間違えてたどり着けなかったり、気づかずに通り過ぎてしまう場合もあります。沿道にはところどころ旧家が残っていたりして、風情を感じます。

200913kumano2.jpg

さあ、次回はいよいよ紀伊の国、和歌山県に入ります。まだまだ先は長い。。。。

熊野街道ラン(1)はこちら

熊野街道ラン(3)はこちら

ひとりごと 映画「糸」を観ました

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

 久しぶりに劇場で映画を見ました。家内と「糸」を。土曜夜20:00からの回でしたが、ひとり置きの座席は「満席」でした。

テレビ局が作った映画らしく、先の展開が予想でき安心してみることができました。人と人との縁、友達とのつながりを大切にしたいものです。たまには電話したり、年賀状を交わしたりすることも必要なのでしょう。

♪ 縦の糸はあなた、横の糸は私 逢うべき糸に出会えることを人は倖せと呼びます

ひとりごと 安倍首相の辞任に寄せて

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

 安倍首相が先週、辞任されました。長い間の激務、まずは、おつかれさまでしたと言いたいです。

 外交や経済の面で、一定の成果を上げられたと思いますが、私たちは負の面として覚えておかなければならないことがあります。それは、日本銀行を身動きがつかない状態にしてしまったということです。

 安倍さんが首相になる前は日本の国債は、多くを銀行や生命保険会社が持っていました。日本銀行はお金を刷っていくらでも発行できるので、国債を引き受けてはいけないという不文律がありました。それを黒田総裁を指名して破らせたのは安倍さんです。今や日銀は国債の44%を持っています。国がお金を刷って、国の借金を賄っているという非常に危ない状況なのです。

 これはどこかで元に戻さなければならないことですが、安倍さんはそのようなことには関心を示さずに辞めてしまいました。若い世代に課題を押し付けたままで。これだけ人気があったのに、財政再建については何もしてこなかった、この点を私たちは忘れてはいけないと思うのです。

61才になりました

本日、当年取って61になりました。家族が今年も祝ってくれました。

年齢とともに加速度的に時間が流れるのを実感します。

健康診断での数値は悪くないものの、先日受けたHQCチェックという未病度をチェックするテストでは、未病度5=病気の一歩手前と出ました。

ストレスや疲労を身体が感受されにくくなってきている、食生活が充実しているにもかかわらず、体内に受入れられていないようで無駄に消費されているとのこと。

心当たりがなくもないのですが、そう言われてもねえ、というのが本音です。
無茶せずちょっと無理して、やっていきます。

200814birthdays.jpg

熊野街道ラン(番外編) 自宅→天満橋 14㎞

今日は昼前から予定があったので、遠くまで行けず、吹田の自宅から、昨日スタートした天満橋までをつなぐラン&ウォークをしました。

阪急吹田駅から、阪急千里線、大阪メトロ堺筋線に沿って、ひたすら南下します。

日本一長い、天神橋筋商店街を端から端まで、途中大阪天満宮に立ち寄りました。

三角州である中之島の起点は天神橋の下であることを再確認。

黄色いアヒルが見えた時にはホッとしました。

200814kumano1.jpg200814kumano2.jpg

熊野街道ラン(1)はこちら

熊野街道ラン(2)はこちら



お問い合わせフォームへ

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京本社:03-5540-5656

お問合せフォームへ