ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

FAQ よくある質問

キーワード・文章で探す

タグで探す

よくお問合せ頂くQ&A

印刷物の色校正についてよくお問合せ頂くQ&A

マスパックでは、下記のような方法で校正をしております。 (1) 簡易校正:専用の薄い紙に色調整を厳密にしたインクジェット機で出力します。色の雰囲気やデータバケ等を確認するための簡易な校正方法です。 (2) 校正刷:実際に製品に使用する用紙に、インキを1色ずつ刷る印刷機(校正機)で印刷します。印刷単色機なので色の掛け合わせの再現性はそこまで高くありませんが、簡易校正より実際に近い状態を確認出来ます。 (3) 本機校正:実際の印刷機で実際の用紙に刷ります。実際物とほぼ同じ色・状態となります。 (4) PDF校正:校正後のデータを一部修正したときなど、軽微な変更のデータ確認をパソコン上で行います。 当社では可能な限り、校正刷での確認をお願いしています。 インクジェット機とは違い、オフセット印刷機の場合は、RIP処理(パソコンのDTPデータを印刷用データに変換する作業)を行いますので、DTPデータ上のレイヤーやオーバープリントを外すなどの処理により、データがバケてしまう可能性があるからです。

印刷の最大サイズについてよくお問合せ頂くQ&A

・印刷機に通る用紙の最大寸法は95x128cm。 ・調達できる準規格品のコートボールで310gの場合は、85x125cm、67x128cm、125x80cmなどがあります。 上記のような大きな判の用紙に印刷すると、印刷費や加工費が高くつきますので、実際には、一般的な印刷機で通る72x102cmの用紙に収めることが多いです。

店頭で手間をかけず、すぐに組み立てられるようなディスプレイよくお問合せ頂くQ&A

商品にもよりますが、商品同梱タイプのジッパーボックスなら、店頭でジッパーを開けて棚に置くだけでカウンターディスプレイとして完成します。 ジッパーでなくても、仕切りやひな段の無いカウンターは組み立てがとても簡単です。 参考→https://masspack.co.jp/case_study/2019/01/post-90.html フロアタイプでも比較的組み立てが簡単なものもございます。是非一度、ご相談ください。フロア参考→F-Fジャンブルフロアhttps://masspack.co.jp/item/floor-ff.html F-Gボックスフロアhttps://masspack.co.jp/item/floor-fg.html

試作(有償ダミー・ホワイトダミー)を依頼したいときよくお問合せ頂くQ&A

試作ダミー作成のためには、以下の情報をお知らせください。(1)商品情報(商品の種類、縦横高さの寸法、重量。できれば現物をお貸しください)(2)置きたい個数(幅方向、奥行き方向、高さ方向も)(3)什器サイズ(特に売場で確保できる場所、幅方向のサイズ) また、「こんなふうに店頭に置きたい」「こんな形状にしたい」といった写真やイラスト等があると、よりわかりやすくなります。基本的に試作ダミーは有料となります。

見積もりの依頼の仕方についてよくお問合せ頂くQ&A

まず商品の情報と、どのように展開したいのかの意図をお知らせください。 具体的には、(1)商品情報(商品の種類、サイズ、重量。できれば商品の写真)(2)作成したい形状(吊るすタイプなのか、棚置き型なのか、床置き型なのかなど)(3)什器に乗せたい商品の数量(幅方向、奥行き方向、高さ方向も)(4)作成予定の数量があれば、概算の御見積りは可能です。 また、「こんなふうに店頭に置きたい」「こんな形状にしたい」といった写真やイラスト、予算をお伝えいただければありがたいです。

簡易モニター用の動画撮影や編集よくお問合せ頂くQ&A

簡易モニター用の動画の撮影や編集等は、専門の外注先に依頼する用意があります。

経済ロット数についてご注文について

経済ロットとしては、印刷や打抜工程では1,000枚までの加工代が最低料金として定額ですので、原紙ベースで1,000枚が経済ロットとなります。 2丁付けの場合2,000枚、4丁付けの場合は4,000枚ということです。 小ロットやミニマム数量の場合でも、100~300台以上のご注文がないと実際に使っていただける価格にはなりません。 マスパックでは、手作りでは無く機械で加工しますので、それぞれの機械の加工代の最低料金の積み重ねとなるため、単価で考えた場合に割高になってしまうためです。

無料で対応できることよくお問合せ頂くQ&A

御相談と見積は無料で対応いたします。 試作ダミーやデザイン作成は基本的に有料となります。別途ご相談下さい。

布を使ったパッケージよくお問合せ頂くQ&A

布は取り扱っておりません。印刷(デザイン)で布をイメージしたようなものならご提案できます。

金属製のディスプレイよくお問合せ頂くQ&A

可能です。予算に合わない場合、紙で作れる形状なら印刷(デザイン)で表現することもできます。

木製のディスプレイよくお問合せ頂くQ&A

可能です。木製で予算に合わない場合、段ボールで作れる形状なら、カラーライナーの木目柄や印刷(デザイン)で表現することもできます。

貼り跡の残らないテープよくお問合せ頂くQ&A

通常の両面テープではなく、再剥離用の両面テープがあります。 はがした際にも跡が残らず、比較的きれいに、はがせます。

体験型ディスプレイの制作事例よくお問合せ頂くQ&A

様々な制作事例がございます。是非一度ご相談ください。 ・数種類の布地のサンプルを触ってもらうためのディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2018/05/3.html ・ドライブレコーダーのサンプル用ディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2018/05/post-58.html ・セキュリティカメラとモニターのサンプル用ディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2018/02/post-54.html ・ブレスチェッカーのサンプル用ディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2017/05/post-34.html ・財布の中身を魅せるために、財布を開いて展示する事ができるディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2016/12/post-25.html ・BSアンテナのサンプル用ディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2016/08/post-18.html ・スピーカーのサンプルを展示する、アクリル製のディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2016/07/post-16.html ・赤ちゃん用の体温計を展示するディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2015/12/pop.html ・女性目線を意識して考えられたスピーカーのサンプル用ディスプレイ→https://masspack.co.jp/case_study/2015/08/-d-m.html

エンド展開の制作事例よくお問合せ頂くQ&A

ございます。お菓子のエンド展開事例→https://masspack.co.jp/case_study/2016/12/pop-2.html こちらのように看板、トレーポップ、ブックエンドを使えば棚全体での展開も可能ですし、一部のポップを使用して個別に展開する事も可能です。 是非一度ご相談ください。

レジ横に設置できるコンパクトなディスプレイよくお問合せ頂くQ&A

様々な制作事例がございます。是非一度ご相談ください。  制作事例ハンガータイプ1→ https://masspack.co.jp/case_study/2018/10/post-68.html  制作事例ハンガータイプ2→ https://masspack.co.jp/case_study/2018/09/post-67.html

低コストで什器を作るにはご注文について

デザインを極力シンプルにして印刷色を減らしたり、無地もしくはカラーライナーを使用するのもおすすめです。 カラーライナー とは色付き段ボールの事です。詳しくはhttps://masspack.co.jp/whats_new/2018/09/post-28.htmlをご覧ください。

本社工場に見学に行きたい製造について

見積価格や形状、仕様が通り、お取引を開始するのが前提でしたら、可能です。 日時のお約束をして頂けましたら、対応させて頂きます。  (単なる工場見学は、ご遠慮ください!)

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ