ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

社長ブログ

文楽 11月公演に行ってきました

私の数少ない趣味のひとつ、大阪 国立文楽劇場の11月公演に行ってきました。

今回の演目は鶊山姫捨松(ひばりやまひめすてのまつ)と女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)の2本です。

継母が割竹で姫をこれでもか、とせっかんするシーンや、親切にしてもらったおかみさんを脇差でめった突きにするシーンが強烈で、客席が静まり返ります。あんまり子供に見せたくない場面です。

高木秀樹氏は「名作文楽50」で、せっかんのシーンを以下のように解説しています。

可憐な中将姫が雪の場面で責められる。それを見て楽しもうという作品。はかなげなものが壮絶なシチュエーションで責められる。そうした美しさを「被虐美」という。一種言い様のない倒錯した場面は爛熟した江戸文化ならではの表現といえるだろう。

江戸時代にも倒錯の趣味があったんですね。

11月25日まで。

181117bunraku1.jpg


181117bunraku2.jpg

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ