ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

マスパックのオーダーメイド POPタイプペーパーディスプレイ

POPとはPoint of purchase(購買時点)という意味です。「売り場」でまさにお買い上げの瞬間を創造します。

段ボールやスチレンボードを素材としたトップボードは商品の特長と使用するイメージをしっかりと伝えます。

商品やそのパッケージを大型にしたデカ箱は店内の遠くから商品の存在を買い物客に知らせます。
商品を原寸大で紙などで作ったダミーはモックを製造する場合に比べコストダウンにつながります。

等身大POPや動きのあるスイングPOPも買い物客に驚きと楽しみを届けます。


オーダー品の数量・型代について

POPタイプ・ラインナップ

  • 等身大パネル

    キャラクターや人物の原寸大のPOP。高さがあるのでひときわ目を引きます。

  • 半円POP

    円筒形の商品の形状を大きな半円柱でイメージさせることができます。販売店で天井から吊ったり、ゴンドラの最上段に立てることによって遠くからでも商品のある場所を見つけることができます。丸みをおびたPOPは数が多くないので、店頭で目立ちます。

  • デカ箱・特大モック

    商品やそのパッケージを大型にしたデカ箱。販売店の天井からつるしたりゴンドラの最上段に置くことによって、店内での「売り場」へお客様を誘導するのに最適です。

  • 卓上POP

    たたんだ状態から簡単に組み立てられる、卓上のPOPです。

  • スイングPOP

    動きがあるPOPは人の目を引き付けます。マスパックではPOP部が100φと80φの2種類の型を用意しています。
    POP部に絵柄が変わるチェンジングを使うことも効果的です。

  • ブックエンドPOP

    棚の中はたくさんの商品があり、その中で自社の商品が埋もれてしまいがちです。横からでも商品の存在が分かるように棚の中に、ブックエンドPOPを配置します。底面には板磁石を貼って動かないように固定することもできます。

  • 下敷きPOP

    印刷した板紙を折り曲げて、ゴンドラの前にせり出した形状のPOPです。安価にできて効果的です。折り曲げた形状を保つように、罫線部にアルミの薄板を貼っておくこともできます。

  • ムービング・電動POP

    ソーラー電池で動いたり光ったりするPOPです。左右に動くスイング、回転したり、LEDランプを連続して点滅させたりと、できることは様々です。

  • 簡易モニターPOP

    商品の用途、特長を詳しく説明するために、映像、画像、音声を流し続けます。外装に紙の印刷物をかぶせることもできます。コンテンツの制作もお引き受けできます。AC電源は必要です。

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ