ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

マスパックのオーダーメイド ハンガータイプペーパーディスプレイ

フロアタイプやカウンタータイプでの展示のスペースがもらえない場合は、ハンガータイプ ペーパーディスプレイ(紙製吊り下げ什器)をおすすめします。お店のサイドネット什器やエンド、柱などの壁面のスペースに吊り下げることにより、商品を陳列することができるので、容易に導入してもらうことができます。フロアタイプやカウンタータイプに比べ安価ですので、当社でも一番作成の点数が多いディスプレイです。

形状は商品のパッケージに吊穴があるかないか、パッケージが自立するかどうかにより、かわってきます。幅があまり大きなディスプレイは、販売店さまから敬遠される恐れがあります。プラフック付のハンガータイプディスプレイは、人に当る危険があるので、フックの長さをあまり長くしないほうが賢明です。


オーダー品の数量・型代について

ハンガータイプ・ラインナップ

  • ボックスタイプ

    自立する商品を多数、コンパクトに納めて展示することができます。おこして棚と底を組むだけなので、組立も簡単です。製造する側にとっても1枚の材料シートを抜き、貼りするだけで作れますので、大きさの割に安価でもあります。

  • フック台紙

    台紙にプラスチックフックを取り付け、商品を吊り下げるようにしたものです。商品のパッケージには吊り下げ穴が付いている必要があります。フックは長さ、色、折りたたみ式か固定式かを自由に選べます。台紙は大きさや積載重量により反り対策をする場合もあります。また台紙の素材は必要な強度により、3枚合紙(2mm厚)、2枚合紙(1.5mm厚)またはE段ボール貼合シートを選択します。台紙はデザイン性をもたせた変形にすることも可能です。

  • 斜め差しハンガー

    ディスプレイ(什器)の両サイドから斜めに商品を差し入れます。2種類の商品を左右に置き分けることができます。縦―横に整然と商品が並べられている店頭で、商品が斜めに納められたディスプレイは目を引きます。ボックスタイプに比べると陳列できる数が少なくなるうえ、ディスプレイも高価になります。

  • ポケットタイプ

    通常ディスプレイの右側から斜めに商品を差し入れます。縦―横に整然と商品が並べられている店頭で、商品が斜めに納められたディスプレイ(什器)は目を引きます。ボックスタイプに比べると陳列できる数が少なくなるうえ、ディスプレイも高価になります。

  • 立体型ハンガー

    ジャバラ折りした台紙に商品を吊るします。台紙自体は安価ですが、折作業にコツがいるので、当社で折くせをつけることが多いです。通常、商品はメーカーサイドでディスプレイにとりつけておく必要があります。台紙の素材は強度を増すためにコートボールにPPをラミネートしたり、E段ボール貼合を使用します。重量がある商品には不向きです。店頭で商品を補充してもらうことは期待しないほうが無難です。

  • ジャバラハンガー

    商品に付いているヘッダーの吊穴を、型抜した台紙の切りこみに引っかけて、商品を吊るします。台紙はコートボールを使用します。商品はメーカーサイドで台紙に取りつけておく必要があります。安価です。一度商品を外すと切込みが破損することもありますので、店頭で商品を補充してもらうことはできないとお考えください。

  • 切込みカレンダー

    台紙に長方形の穴をあけておき、台紙の裏に貼った透明OPPテープの粘着により商品の個袋をとめる方法です。透明テープは商品セット時に貼っていただきます。商品のパッケージがフイルムで、吊穴がない場合に利用します。安価ですが、商品にOPPテープの糊が残る恐れがあります。

新商品の導入に、棚割りから外れた商品の復活に

新商品の発売が定番棚の棚割りのタイミングと合わなかったとか、棚割りから外されてしまったというとき、ハンガーディスプレイ(吊り下げ什器)がお役にたちます。ディスプレイを持ってバイヤー様との商談に臨んでください。販売が好調なら次回の棚割りで定番に入ることは間違いなし?

同じディスプレイを並べて置いてもらえることも

お店を見ていると、ひとつの店舗に同じハンガーディスプレイが並べて吊るされていたり、店のあちらこちらに置かれているのをよく見ます。目につく機会が増え、販売のチャンスが広がります。

利用の幅は広い

ハンガーディスプレイ(吊り下げ什器)はフロアディスプレイやカウンターディスプレイと異なり、1種類の商品だけを販売するのに使われているものも多くあります。もちろんたくさんの種類の商品をアソートして陳列するのにもつかわれます。

業種も日用品、化粧品、文房具、食品、電器、医薬品、衣料品など幅広く、利用されています。また、紙脚をつけて、カウンターディスプレイとの兼用型にすると、一層用途が広がります。

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ