ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

マスパックのオーダーメイド フロアタイプペーパーディスプレイ

フロアタイプ・ペーパーディスプレイ(紙製床置き什器)は床置きの大型タイプです。ダンプボックスとも言われます。
多数の商品をお店の目立つ場所にボリューム陳列できます。側面や天面の広い面積を使って商品のメリットを十分に訴えることができます。エンドに積上げたり、島陳列したりと方法はさまざまです。また、形状にデザイン性を持たせることによって、ブランドや商品のイメージや世界観を表現することも可能です。

メーカーの営業の方は、お店の棚の中に定番として商品が納められることに注力なさっておられると思います。ただ、数多くの商品の中で埋もれてしまう恐れがあることも事実です。有望な商品が店の中で1フェイスしか顔を見せていないことは残念なことです。

フロアディスプレイで存在を大きく表現しましょう。売上アップにつながることは確実です。
生産には50台以上のロットが必要です。なお、店舗内で設置のためのスペースが必要ですので、採用にあたっては前もって販売店様との商談が必要です。


オーダー品の数量・型代について

フロアタイプ・ラインナップ

  • 2Wayフロア

    台になる下段部に商品を陳列する上段部を乗せたものです。上段部を下段部から外せばカウンタータイプのディスプレイ(棚置き什器)としても使えます。

    また、下段部を商品のストックスペースとして利用することもできます。

  • 棚フロア

    コの字型の本体に数枚の棚を取り付けて商品陳列のスペースを作ります。決まった大きさの商品だけでなく、いろいろな大きさの商品を並べることもできます。海外でも多く使われている形です。

  • コスメフロア

    化粧品を売っているバラエティショップなどでよく見るタイプです。パッケージの大きさが決まっている小物をたくさん並べたいときに使います。テスターを置く場所も必要です。構造が複雑になりますので、弊社で組み立てることが多いです。

  • マス目フロア

    商品の種類が多くてお店の棚に入れてもらえないときはマス目をたくさん作ったディスプレイが有効です。スタンド部は別パーツでたたむことができますので、マス目部を組み立て、商品をセットした上で販売店様に送ることが可能です。

  • 円型フロア

    ディスプレイは四角形が多いのですが、丸みをおびた形状は店頭で目を引きます。形状が複雑になりますので、販売店様での組立をしやすく仕上げるのが設計上のポイントです。

  • ジャンブルフロア

    お店の冷蔵ケースや、ゴンドラの前にこのディスプレイを置いて商品を並べます。鮮魚売り場に醤油を並べるなど、クロス販売に有効です。

  • ボックスフロア

    本体部はたった2枚の用紙で作るので、大きさに比較して低コストで提供できます。店頭での組立も容易です。棚板の支えが強くないので重い商品には不向きです。

シリーズものを一堂に展開!!

ひとつのブランドでシリーズの商品をそろえても販売店様が全商品を採用してくれるとは限りません。化粧品や日用品でたくさんの色やサイズを取りそろえても、お店に並ぶのが一部の商品になってしまっては、買い物の選択肢も狭まります。そんな時には、フロアディスプレイで全アイテムを一堂に陳列しましょう。

季節限定の商品に...

多くの販売店様では定期的に棚の商品替えをなさいますが、短期間で一斉に売れる商品については棚の中に納めておくわけにはいきません。補充がたいへんですし、販売機会を失うことにもなりかねません。期間が終わると別の商品に切り替えることも面倒です。防虫剤やバレンタイン商品など販売期間が短い季節限定の商品は、フロアディスプレイでアウト展開しましょう。

クロス販売に...

たとえば、鮮魚売り場にしょう油、お米売り場に防虫剤を並べるように、別の売り場に商品を陳列してもらうとき、その定番の棚にスペースがないことが多いです。こんな時にもフロアディスプレイが役立ちます。冷蔵ケースの前に平台フロアタイプの什器を置いて売上アップにつなげましょう。

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ