ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

社長ブログ

最新エントリー

文楽11月公演に行ってきました

少ない趣味のひとつが文楽鑑賞ですが、きょう大阪の国立文楽劇場の第1部の公演を見てきました。

出し物は2つ。1本目の「八陣守護城(はちじんしゅごのほうんじょう)は戦記物。
加藤清正の武将ぶりを伝えているのだと思うのですが、嫁が絶命した後いつまで続くの~と思うくらい長い。言葉も難しく退屈してしまいました。

171111bunraku1.jpg

171111bunraku3.jpg

2本目の「鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)」は近松門左衛門の作だけあってわかりやすい。言葉が短く、しゃれも豊富。でも、いつものごとく、最後は二人死んでしまいます。なんでこんなことで死ななあかんの?と言ってはいけないんでしょうね。

171111bunraku2.jpg

にしのみや甲子園ハーフマラソンに出ました

久しぶりに走り方倶楽部の先輩たちとハーフマラソン大会に出て、西宮市の武庫川河川敷を走ってきました。
先週、先々週の台風とは打って変わって、とてもいい天気のもと、楽しんできました。

171105西宮.jpg

最近の練習では、1kmあたり5分30秒くらいかかっていたので、その程度で走れればと思って
いましたが、さすがに大会は恐ろしい。5分を切る全体の流れに合わせていけるものです。
残り4キロは、ばてましたが、何とか平均5分を切るペースでゴールイン。

171105a.PNG

次は、23日の福知山フルマラソンです。
ハーフとフルは全く違うので、どうなりますことやら。

孫 8か月

東京に住んでいる長男の娘が久しぶりに大阪に来ました。

ずっと泣きっぱなし。たくさん撮ったけどお見せできるのはこの1枚くらいです。

171104.jpg

8月ラン やっと100㎞

7月の生活習慣病検診で、1年で腹囲が5㎝も大きくなっているとの指摘を受け、
これでは来年にはズボンがはけなくなってしまうと、強い危機感!

7月末からランニングと筋トレを本気で再開。

今日8月の走行距離がやっと100㎞を越えました。
月間100㎞がこれだけ苦しいものとは。
失われたものを戻すのはたいへんです。

170827ラン.JPG

170827ラン2.PNG

珍しい光景

通勤路のビルの壁のポスター。

違和感を感じ、思わずパチリ!

来年の今頃は、自公共 連立政権なのかなあ。

170818自公共.JPG

久しぶりの箕面ラン

7月の生活習慣病予防健診で腹囲が5cmも成長しましたよ、と言われた私。

このままでは、ズボンがはけなくなってしまう、という危機感からランニング練習などの運動を再開。

今朝は久しぶりに自宅から勝尾寺まで走ってきました。

昨日から暑さが一段落したのも幸いしました。

しかし、衰えた今の足では完走はしんどく、帰りは途中から2駅電車に乗りました。

故障しないようにして、続けなければ。

170813勝尾寺1.JPG

今日の到達点、勝尾寺園地。山上には水場がなく、あわや脱水状態に。

170813勝尾寺3.JPG

孫たちが来て、誕生祝をしてくれました

マスパックも15日までお盆休み。

息子夫婦が孫を連れてきてくれ、14日の私の誕生日を祝ってくれました。

こんな感じのごちそうでした。

170812誕生日1.JPG

170812誕生日2.JPG

ずいぶん赤ちゃんらしくなってきました。

170812誕生日3.JPG

文楽 夏休み特別講演に行ってきました

誰も付き合ってくれない文楽鑑賞。
今回もひとりで行ってきました。

きょうはサマーレイトショーということで、18:30から2時間だけの公演。始まってたった30分後に15分間の休憩が入るという具合。真夏はこれくらいの方がいいか。

夏らしく、語りの大夫も、三味線も白い着物に裃(かみしも)を付けて、また人形も主遣いは同じ衣装で、でも人形の左遣いと足遣いさらに呼出し(?)は相変わらずの黒衣姿でした。

出し物は「夏祭浪速鑑(なつまつりなにわかがみ)」。
時にきれいに、時に残酷なシーンもある物語を堪能してきました。

8月8日まで 大阪日本橋 国立文楽劇場にて

170729文楽1.JPG

170729文楽2.jpg

なだ万 のお弁当

東京駅の大丸で買ったお弁当。さすが、なだ万です。

色どりもさることながら、野菜の煮方も少し硬めのものがあったり歯ざわりまで気にしているなあ、という感じがします。

たぶん20:30を過ぎると値段が下がるので、¥1000を切る値段でいただきました。

ごちそうさま。

170720なだ万1.JPG170720なだ万2.JPG

シンガポールに来ています(その2)

 政府主導で今も開発が進んでいます。3日目には地下鉄に乗って出かけました。郊外に出ると高架電車になるので、景色がよく見えます。都心には摩天楼が林立していますが、郊外にも10~15階の公団住宅風の建物がたくさん。増え続けるシンガポールの人口を飲み込んでいます。自分の土地でもそこが開発計画にかかると代替地は紹介してもらえるものの、立ち退きには無条件で応じなければならない、ゴネ得というのはこの国にはない、だから開発がどんどん進むのだそうです。

摩天楼.JPG

住宅.JPG

 経済的には何でも自由。農業がなく、産業を保護する必要がないので、輸入関税はなし。自由ということは同時に常に厳しい競争にさらされていると言えます。相続税もゼロ。シンガポールの銀行が秘密を守ることは徹底されているとのことで、犯罪に使われる金をふくめ、いろいろな金が流れ込んできて、世界の金融センターを形作っています。成長はまだまだとどまるところを知らないようです。

 シンガポールは沿岸部にカジノができてから発展したという見方もあります。マカオでもここでもカジノは、金持ちの道楽というより、中国人が役人に賄賂を渡すために使っている側面が強いと言われているそうです。日本に、大阪にカジノを誘致しようという安倍首相や松井知事はこのことを御存じなのでしょうかね。

 若い人が多い、人種はさまざま、地下鉄などのインフラやビルがどれも新しい、自由と規制が日本とかなり異なっているシンガポールを満喫してきました。

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京支店:03-5540-5656

お問合せフォームへ